手帳コラム

情報の一元化に最強なA5システム手帳のメリット3つ

情報の一元化に最強なA5システム手帳のメリット3つ

私は一時期、A5サイズのシステム手帳をすごく活用していました。

自作のリフィル、当時幼稚園に通っていた子どものおたより類、何度も読み返したい印刷物など、いろいろなものをはさんでいました。

その後、管理する情報が多くなってしまったこと、またライフスタイルが変化したことで手帳を分けることに。

それでも情報の一元化が最大の武器であるA5システム手帳を(予定管理としてではないんですが)今でも愛用しています。

 

この記事ではA5システム手帳のおすすめポイントや、ライフスタイルが変わってもA5システム手帳を使い続ける私の使い方を紹介していきます。

綴じ手帳との違いやA5システム手帳ならではのメリットを紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

愛用しているのはマークスのA5バインダー

情報の一元化に最強なA5システム手帳のメリット3つ

今愛用しているのは、マークスのA5サイズのバインダーです。

 

何と言っても色がいい!かわいい!

あとからゆっくり書くんですが、私はA5システム手帳をモチベーションアップのために使っています。

なので色やさわり心地も重視してマークスのバインダーを選びました。

 

使いやすい、好きポイントは人それぞれなので、ぜひお気に入りのバインダーを探してみてください。

それではA5サイズのシステム手帳のメリットや私の使い方を紹介していきます。

メリット1:情報を1冊にまとめやすい

情報の一元化=情報が1冊の手帳にまとまっていると、情報を探すときにラクというメリットがあります。

スケジュールのページだけではなく、いろいろな種類の情報をはさみやすいのもシステム手帳の大きな特徴なので、それが1冊にまとまっていると便利ですよね。

 

たとえば私がバインダーを使っているマークスだと予定管理以外に

  • 勉強
  • 自分ノート
  • 家計管理

このようなリフィルがあります。

マンスリーやウィークリーなどの予定はもちろん、目標達成や家計管理などのいろいろな情報がバラバラにならないので、手帳を使い始めようと思っている方にもA5システム手帳は使いやすいかなと思います。

 

私は今はA5システム手帳を予定管理としては使っていないんですが、自分のモチベーションを上げるためのページや行動力が上がるようなページなどいろんな情報を1冊にまとめています。

その1冊を寝るときに寝室に持って行って布団の中でペラペラとページをめくるといい気分で眠りにつけるので、いい感じの1冊になってきているなあと思っています。

A5システム手帳は自分のライフスタイルにあった情報をまとめた1冊を作りやすいのがメリットです。

メリット2:そのときに必要な情報を入れ替えられやすい

情報(リフィル)の入れ替えやすさは綴じ手帳にはない大きなメリットですよね。

予定管理のページひとつとっても、マンスリーだけはさむ、ウィークリーだけはさむという使い方。

さらにいうとマンスリーの当月分だけはさむという方法も便利な使い方です。

こうやってカスタマイズすることで手帳の軽量化ができたり、より情報を探しやすくなったりします。

 

私も自分にあう予定管理に悩んでいたときにA5システム手帳をたくさん活用していました。

自分にとって必要なリフィルだけをはさめるので、最初は1日1ページサイズのリフィルからはじまりました。

情報の一元化に最強なA5システム手帳のメリット3つ

そこから少しずつ自分が書きたいことや見やすさを検討していって、今のウィークリーに落ち着いたといういきさつがあります。

 

綴じ手帳だと一度買って失敗するともったいないと感じますが、A5システム手帳はその時々で必要だと思うものをはさんだりはずしたりできるのが便利だと思います。

メリット3:リフィル化してはさみやすい

A5システム手帳用は市販のリフィルだけではなく、他のプリント類をはさみやすいのも大きなメリットではないでしょうか。

私の今の使い方なんですが、いろいろな印刷物をリフィル化してA5のバインダーにはさんでいます。

綴じ手帳に切り貼りするよりもラクにまとめられるので重宝しています。

 

リフィル化するときは6穴の穴あけパンチを使ったり、

情報の一元化に最強なA5システム手帳のメリット3つ

穴を開けなくてもA4がはさめるよファイルを使ったりしています。

情報の一元化に最強なA5システム手帳のメリット3つ

またプリント類って保管の仕組みができていないと置きっぱなしや机に積みっぱなしってこともあるあるですよね。

そんなプリント類もリフィル化して手帳にはさむという仕組みを作っておけば、プリント類の散らかり防止や紛失防止にもつながりますよ!

A5システム手帳を使いやすくカスタムできるアイテムを紹介
A5システム手帳を使いやすくカスタムできるアイテムを紹介私はA5サイズ、6穴のバインダーを愛用しています。 以前は自作リフィルをはさんでA5サイズのシステム手帳として活用。 現在は...

情報を一元化するならA5システム手帳が最強!

A5システム手帳は

  • 情報を1冊にまとめられる
  • そのときに必要な情報だけをはさめる
  • プリント類をリフィル化できる

このようなメリットがあるので必要な情報を1冊にまとめたいと思ったときには最強のツールです。

手帳を使ってみようと思ったとき、まず1冊の手帳から使い始めようと思ったらA5システム手帳も選択肢のひとつに入れてみてください。

【関連記事】

暮らしがちょっとラクになる ととのえ方と仕組み作り

暮らしがちょっとラクになる

空間・時間・心のお片付け

 

暮らしの読み物サイト「おうちとわたし」では、メインテーマである空間・時間・思考と心のととのえ方をはじめ、

 

  • 片付け・収納のコツ
  • 家事の仕組み作り
  • こころとからだのととのえ方

 

など暮らしを最適化するヒントを発信しています。

 

当サイトの手帳の活用とあわせて、理想の実現へつながる一歩になれば嬉しく思います。

暮らしのととのえ方を読んでみる