手帳の書き方

【CITTAウィークリー】バーチカルページはメモや記録にも活用しよう

【CITTAウィークリー】バーチカルページはメモや記録にも活用しよう

私は学生の頃から手帳にいろいろ書くのが好きでした。

だけど数年前、

「主婦の手帳ってスカスカだな……」

そう思ったことがありました。

 

授業やバイトや遊びに忙しい学生時代と違って、待機状態が多めの家事育児担当。

書き込むほどの予定もなく、好きだった手帳が使えなくなるのか……とちょっぴり切なく思ったことも。

そんな私でしたが、今は手帳を使う目的や書きたいことを整理していき、バーチカルを活用できるようになりました。

 

この記事では自宅で過ごすことが多い主婦である私がフル活用しているバーチカルページを紹介します。

  • 手帳は好きだけど何を書けばいいかわからない
  • マンスリーはまだしも、バーチカルは使いこなせない

そう思っている方の参考になれば嬉しいです。

CITTA手帳は24時間バーチカルでたくさん書ける

【CITTAウィークリー】バーチカルページはメモや記録にも活用しよう

CITTA手帳の時間軸は午前5時~翌日午前4時までの24時間。

たっぷり書ける反面、「寝ている時間軸に書くことはあるのか?」と思うのも事実。

 

なので私は

  • 昼間は時間軸を活用したタスク管理
  • 早朝や深夜の時間帯はメモやログなどを書く

という使い方でフルに活用しています。

バーチカル活用1:5~6時は幸せのタスク

【CITTAウィークリー】バーチカルページはメモや記録にも活用しよう

私は実際の活動やタスクを6時以降の欄に書いています。

だいたい起きるのが6時前後なので、それまでの時間軸は空きがちに。

 

そこで最近はじめたのが、幸せのタスクを書くことです。

これは先月、引き寄せアドバイザーの西原愛香さんのツイッターで見かけたもの。

これを書いておけば息抜きの時間もだらだらしすぎずに、幸せを感じられるタスクをこなす、満足度の高い時間を過ごせるようになりました!

 

タスクと書いていますが、そんなにしっかりした時間の使い方をしているわけじゃありません。

最近の私だと、

  • 昨日買った雑誌を読む
  • 更新された動画を見る
  • 録画していた番組を見る

とか、こんな感じです。

バーチカル活用2:昼間の時間はフル活用!

【CITTAウィークリー】バーチカルページはメモや記録にも活用しよう

子どもが学校に行っている間は集中力を発揮してやりたいことをとことんできるようにしています。

まずは子どもが学校へ行っている時間をノートに線引きしてから、家事とやりたいことの時間をはっきりと分類しています。

 

昼間は集中力を最大化して、1分でも無駄にしない勢いで無駄なく動き続けることに専念しています。

家仕事も、子どもがいないときにやりたいこと(この時期の買い物や待ち時間がかかりそうな用事)、子どもがいてもできること(ちょっとした支払いや記帳や料理など)に分けて考えています。

【CITTAウィークリー】自分時間を最大化する主婦のバーチカル手帳の書き方
【CITTAウィークリー】自分時間を最大化する主婦のバーチカル手帳の書き方1日24時間という限られた時間、せっかくだから本当にやりたいことに使いたい! 私は数年前までは家事育児に追われて、いつの間にか1日...

バーチカル活用3:17~20時はごはんにまつわるメモ

【CITTAウィークリー】バーチカルページはメモや記録にも活用しよう

17~20時は今のところ予定があまり入らない時間帯です。

家事をしているか、子どもの勉強見ているかという感じの過ごし方。

手帳を使っていくうちに空欄であることが多い時間帯ということが判明したので、ここは献立メモに使っています。

 

週初めに一週間分のざっくりした献立を書いたり、その日食べたものを書いてライフログにしたり、書き方は様々。

 

私はメインをざっくり決めた方が買い物もしやすいので、はじめに主菜の計画を書くことが多いです。

バーチカル活用4:23時~は3つのいいこと日記

【CITTAウィークリー】バーチカルページはメモや記録にも活用しよう

23時過ぎに寝ることが多いので、それ以降の時間帯も空欄になりやすい私の手帳。

ここには寝る前の日記代わりに、その日にあった3つのいいことを書いています。

箇条書きのマークはハートで!

これを書くとリラックスして眠りにつけるので、寝起きも良くなる気がします!

3つのいいこと日記は、ポジティブ心理学の第一人者であるセリグマン博士が幸福度を高めるために提唱しているものです。

寝る前の5分ほど手軽に書けるので、幸福度を高める習慣として取り入れています。

書くのは予定だけじゃなくていい

手帳と聞くと予定やタスクだけを書き込むものだと思い込んでしまうかもしれませんが、本来手帳は暮らしがよりよくなるなら使い方は自由!だと思っています。

バーチカル手帳も時間軸にこだわらずに、そのページにあったら便利な情報をたくさん書き込んで暮らしをスムーズに回せれば最高だと思います。

手帳を活用したいと思っているけどバーチカルがスカスカ……というときは、ライフログ(暮らしの記録)を書くことから始めるのがおすすめです。

暮らしがちょっとラクになる ととのえ方と仕組み作り

暮らしがちょっとラクになる

空間・時間・心のお片付け

 

暮らしの読み物サイト「おうちとわたし」では、メインテーマである空間・時間・思考と心のととのえ方をはじめ、

 

  • 片付け・収納のコツ
  • 家事の仕組み作り
  • こころとからだのととのえ方

 

など暮らしを最適化するヒントを発信しています。

 

当サイトの手帳の活用とあわせて、理想の実現へつながる一歩になれば嬉しく思います。

暮らしのととのえ方を読んでみる